接し方を知ってうつ病患者と向きあおう【改善を手助けし隊】

家族

症状との向き合い方

ファミリー

本人と周囲の人間関係

心療内科・精神科では、うつ病患者数と比較した場合に、医師が不足している状態が未だに続いています。この結果、患者に接する診療時間も短く区切る必要があり、解決するためにも、治療全体をマネジメントする必要性や、精神保健福祉士をはじめ、カウンセラーと共に患者に接するサポート体制も必要とする動きが高まっています。また、医療全体でのうつ病患者との接し方の見直しだけに留まらず、常に共に過ごす家族との接し方や家族が患者とどう接すると良いのか、適切な方法などを相談できる場所を提供していく見通しです。本人を含め、家族が何に悩み、何を知りたいのか、情報を収集する術を持たない本人や家族にとって、周囲との接し方にも戸惑いを持っている傾向にあります。これまでは、うつ状態の変化の激しい本人への接し方に戸惑うケースが非常に多かった問題であったものの、見知らぬ人・隣近所・近親者など、家族以外の方々と変化の激しい状態となる本人をどのように向き合わせるべきなのか、こうした悩みまでを考えた相談場所を広く提案から展開していくことが注目されています。

戸惑いやすい症状

うつ病患者の治療を行う精神科などにおいて、医師目線ではなく、患者となる本人の目線で病院を選ぶことが大切で、患者がお気に入りとなる医師との治療において、回復への成果が向上するケースが報告されています。うつ状態で、特に家族が接し方に困惑する内容と言われているのが、失敗したことに落ち込む場合です。失敗から、出来ない人間だと思考が働き、小さな問題が大きくなり、対処できないケースが挙げられています。こうした場合のテクニックの1つとしては、出来ないと決めつけないことにあり、長所を伸ばすことを同時に考えるなど、うつ病特有となる考えを切り替えさせる携わり方がポイントになります。現実から目をそらしてしまいやすいため、問題をありのまま捉え、どのように対処するかを一緒になって考えてあげる携わり方で、安心感と同時に一歩先へ踏み出す力を本人が持てるまでに回復します。何より、問題を解決するのは本人であるため、気持ち良く前向きになれる上手な手助けがテクニックの1つです。

聞き上手が回復に繋がる

家族

気持ちが掴めないなど、接し方に難色を見せやすいのがうつ病の特徴で、気持ちが左右しやすいことから、制限や抑制させる行動はタブーとされています。何より、見守ることや相談役となる接し方で回復を図ることが、周りに求められています。

相談よりも向き合い方

悩んでいる人

うつ病は大人だけではなく、精神面のコントロールが上手くできない子供も発症しやすい病気となり、医療業界でも問題視されています。うつ病に発展させない予防はもちろん、発展した際の子供に対する接し方1つで、家庭だけでおさめられる利点が挙げられます。

特徴を知ることが重要

家族

うつ病の人への接し方は様々な配慮が必要です。その人の意見を受け入れて、自信を持ってもらうことが大切です。うつ病の症状は色々あります。特徴を知った上で、早めに医師に相談して適切な治療を受けたいものです。

休息が何よりもの治療

ベンチに座っている人

うつ病は、真面目な人ほどなりやすく、精神的に疲れている状態です。この状態を改善させるには休息をしっかりととることが大切になります。家族の接し方としては特別なことをするのではなく、長期的な時間をかけて守っているという覚悟も必要です。また、専門医により治療や意見も大きな助けとなります。

患者自身の意識が重要

家族

義務感や責任感の強い人ほど発症しやすい傾向にあるうつ病の患者に対する接し方としては「頑張れ」と激励することも、「無理をする必要はない」と休息を促すこともどちらも逆効果です。まずはうつ病患者の話の聞き役に徹し、自分のことを大切な存在と認識してくれている人がいるということを認識させることが大切です。