接し方を知ってうつ病患者と向きあおう【改善を手助けし隊】

家族

患者自身の意識が重要

自己の存在を否定しがち

家族

うつ病患者の人はとかく自分を否定しがちになってしまいます。ですから、周囲の人の接し方としては、患者のことを大切な存在として認識していることを患者自身に伝わるように振舞うことが大切です。一般的に、うつ病患者への接し方として「頑張れ」などの激励は逆効果と言われます。うつ病患者の多くは普段から責任感や義務感が強く、「自分が頑張らなければ」と思いがちの人です。そのため、頑張り過ぎた挙句うつ病になってしまったにもかかわらず更に頑張らなければならないとなると、大きな心理的負担となってしまうからです。その上、うつ病になってしまうと多くの人が、「自分の頑張りはまだ足りない」と自分を責めてしまいがちですので激励は却って逆効果なのです。かといって、逆に「無理をする必要はない」や「ゆっくり休むように」といった休息を促す言葉をかける方が良いのかと言えば、こうした接し方もうつ病患者には「自分は必要とされていない」と捉えられてしまいがちで、やはり悪い効果を生じさせてしまう可能性が高いのです。ことで良い効果を生むかといえば、そういう訳でもないのです

聞き役に徹する事

うつ病患者への接し方として大切なことは、まずは患者の話の聞き役に徹することです。うつ病の患者は概して自分の存在を否定しがちです。しかしそうした態度は自分が周囲の人たちにとって必要な存在であることを確認したいという願望の裏返しでもあります。だからこそ、「頑張れ」などと激励をされると自分は至らない存在であると捉えてしまいますし、「無理をしなくて良い」と言われると、自分は居ても居なくても良い存在なのだと捉えてしまい、結果的にどちらの接し方も患者に対して負の効果しか生み出さないのです。しかし、まず患者の話の聞き役に徹すれば、相手が自分の話に耳を傾けてくれると思えることで、うつ病患者は自分の存在を相手が、そして周囲の人が認めてくれていると感じることができるのです。うつ病の治癒のためには患者自身が自分は周囲にとっての大切な存在であることを認識すること。そして、それまでの責任感や義務感が強すぎるスタンスを自ら緩められるように意識改革をすることが大切です。だからこそ周囲の接し方としては患者の存在を認めつつ、それまでのように自分に厳しすぎるスタンスを持ち続ける必要はないということを、まずは聞き役に徹するところから始めて徐々にうつ病患者に伝えていくことが大切なのです。