接し方を知ってうつ病患者と向きあおう【改善を手助けし隊】

家族

聞き上手が回復に繋がる

第三者目線

家族

うつ病は精神科や心療内科で治療するものである一方、本人との接し方1つで治療成果を飛躍的に上げることが可能となります。うつ病患者にとって、毎日何かしらの思考が働き、問題を抱え込んでしまいます。家族やパートナーにとっては、まず、見守ることがポイントとなり、当の本人が助けを求めてきた時に必要な手助けを行うことが問題解決へ向けた患者との接し方の1つです。いまだ、うつ病患者との適切な接し方が浸透せず、進んでいない実態としては、サポートするはずの医師が不足し、専門性の少ない・慣れていない医師が携わっていることをはじめ、短時間診療となる医療システムによって、じっくりと話を聞く姿勢・体制が整っていないことも挙げられています。とはいえ、患者が何かしら話たい気持ちを理解できるのは第三者目線となる医師でもあり、家族やパートナーとは違う視野や動線から回復へ向けたサポートができると考えられているのも知っておきたい知識の1つです。また、患者のカウンセリング内容も、患者が承諾することで家族も知ることができるため、コミュニケーションが取れていることは必須となります。

ポジティブ思考

認知行動なども見受けられるうつ病患者に対する療法において、気持ちと向き合えるカウンセラーとの接し方が本人や家族の方々から支持されています。落ち込む・心配・腹を立てる・嬉しいなど、4つの感情をコントロールすることが難しいとされるのがうつ病患者の特徴であり、叱咤激励することなく、患者の話に共感できるカウンセラーとの携わりによって、問題を小さな内に解消させることができ、回復の兆しが早い段階で見受けられると、家族から支持されています。常に寄り添う家族に対しても、じっくり話を聞いてあげる接し方を提案してくれているのもカウンセラーです。提案された内容を実践することにより、家族やパートナーからは、聞き上手になれた・焦らずに見守る姿勢が取れるなど、ポジティブな思考を得られる結果に繋がっていると言う報告もなされています。本人のみならず、治療を進めることによって、家族の思考の変化が接し方1つで変えられ、良い意味でスキルとして身に付けられるため、カウンセラーの存在は評価を高めています。