接し方を知ってうつ病患者と向きあおう【改善を手助けし隊】

家族

特徴を知ることが重要

受け入れる姿勢が大切

家族

うつ病に悩まされている人は近年増加傾向にあります。うつ病は誰でもなり得ます。自分には関係のないことだと思わずに、万が一、家族や身近な人がうつ病になったときにどういう接し方が必要なのか知っておくと良いでしょう。注意したい点として、その人の意見や気持ちを最初から拒否しない接し方が大切ということが挙げられます。うつ病の人は自分の意見や気持ちを拒否されると、自分が誰からも必要とされていないという孤独感を感じたり、自信をなくし心を閉ざしてしまう傾向があります。まずは、その人の話にしっかりと耳を傾け、信頼されるような接し方を心掛けましょう。そうすることで、自分は人に必要とされているという安心感や、自分の意見は受け入れてもらえていると感じ、自信を持つことができるようになります。うつ病の人は色々なことを深く考えすぎて、気持ちの整理ができず、混乱して心の病になってしまった人が多いので、接し方によって更に症状が悪化してしまうのか、改善に向かうのかが左右されるのです。

症状の特徴

うつ病の人の特徴は幾つかあります。食欲がなくなったり、良く眠れなくなったり、何事にもやる気が起きなくなったり、体がつねにだるくなったりする症状はうつ病の症状として代表的なものです。それに加え、症状が悪化してくると、幻想や妄想が起きたり、この世から消えてしまいたいという衝動的な強い感情に襲われて、自殺願望が強くなる場合もあります。その結果、自分の体を傷つけたり命を絶ったりする人もいます。自分自身や周囲の人がうつ病の傾向があることに気付いても、医師に相談するのを躊躇する人が多いものです。自分がうつ病かも知れないと思ったとしても、それを認めたくなかったり、誰にも相談できず適切な治療をせずにそのままにしてしまうと、症状が悪化してしまう場合も少なくありません。心の病があると感じたら、悪化する前に医師に相談しましょう。最近はうつ病などで通院することは珍しいことではありません。自分自身や、周囲の人の心のSOSに早めに気付き、初期の段階で適切な治療を受けたいものです。